戸別訪問…市民のご意見 ③(飯山日記7月19日)


(写真は15日早朝の辻立ち朝の挨拶後の参加者記念ショット。本文とは関係ありません。)

2月11日~6月12日の市内全戸訪問の際の市民のご意見ご紹介③です。

◆地域づくり、まちづくり

○若者が暮らせる地域にしてほしい。

○子供たちが暮らせる飯山にしてほしい。子育てが一段落したら経験を活かし飯山で観光関係の仕事につきたいが、なさそうで困る。

○まちづくりにもっと住民の意見を真剣に聞いて反映してほしい。

○飯山駅鐘楼、現在の飯山駅舎、飯山線歴史を記した五島慶太記念碑などしっかり残して。

○新幹線がくるというだけでは、飯山は良くならない。

○飯山、秋津、木島、柳原など地域ごとの活性化の姿、将来像をはっきり示してほしい。今やっているのは町うちのことばかり。

○町づくり(地域づくり)は、町中のはなしばかり。瑞穂がどうなるのか心配。

○新幹線駅周辺淋しい。

○新幹線飯山駅前、何もない、市民プラザなど無駄な箱モノばかり作っている。

○戸狩野沢温泉駅周辺地域は、新幹線開通で軸が飯山駅に移り、これ以上すたれると困る。駅、保育園、小学校、中学校、診療所、歯科、食品スーパーなどがすでにあることを活かして、しっかりした地域にすることが飯山市広域にとって大切なこと。

○スポーツ振興に取り組んでほしい。

○(本町に)セブンイレブンができて、賑わいができたのはいいことだ。

○準防災区域について、区域指定だけでなく、基準そのものも材質・技術の向上に合わせて見直しを。住宅建築費が少なくとも5%程度下げられる。

※ご意見等は ezawakishio@gmail.com にお願いします。

Share and Enjoy

  • Facebook
  • Twitter
  • Delicious
  • LinkedIn
  • StumbleUpon
  • Add to favorites
  • Email
  • RSS

Comments are closed.